事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

存在意義

今日ふと皿洗いをしながら思ったのだけど、私にある自己犠牲的な精神はどこからくるのか。
私が我慢すればいいという思考を変えると毎日はかなり楽しくなると思う。
ただ、自己評価がかなり低い私には我慢せずに生きるという現実に耐えられるような神経は無い。

ボランティア活動に励み、自分に存在意義を見出すようなものである。

考えを突き詰めると、私って偽善者だなと思った。

全ての人が性善説を信じて自分の存在価値や行動の一つ一つに何も疑問を持たず、好き勝手して結果社会が混沌とする。

反対に、性悪説を信じて常に自分の思考行動に気を配り、例え偽善的であったとしても善いとされるであろう行いをして何と無くではあるが、平和な社会になる。

どちらがいいのか。

って考えてる間に、そもそもこのたられば話は成り立つのか?って思ってきた。

好き勝手しても意外にうまくいくかもしれないし、
いいことしててもうまくいかないかもしれない。

世の中よくわからない。