事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

夢は。

昨日友達と話してて、夢は見るものではなくて叶えるものだと。
少なくとも見るだけではダメで、実現に向けての取り組みは必要だと。

24歳夢追い人(♂)に誰か紹介してよ。って言われて、私の周りアングラメンヘラ系女子もしくは、順風満帆IQ高め系女子しかおらんけど。って言いながら。つまり、量産型女子の友達がいない。

友達は、大体24でフリーターで夢追ってるやつに女の子紹介とか無理よね?って言われたんだけど、そういうの気にする友達はあまりいない。
多分、自分の分くらいは自分で稼げ。何をやるにも自分の所得に応じて使え。何かの備えに3ヶ月分くらいの備蓄はしとけ。くらいだと思うけど?
私の周り、自立してるし。って言ったら、でも結局女はさぁー。って話になり、心の中でお前の周りにろくな女がいないだけだろ?って思ってしまった。

ま、私は養ってもらえるに越したことはないけど(矛盾)

どんな夢追ってるかにもよるよねーという話になり、よくよく話を聞くと夢を見てるだけらしい。

何も行動に移してないと。

じゃあ詐欺師のようにことば巧みにこれやってます!って言い張ってとりあえず出会いの場は突破させればいいやん?って言ったんだけど、

そういうハッタリを言えるような悪人ではないらしい。

本当にただの夢見る人。夢見る少年なのだ。私は24歳ならあんなことやりたいな、こんなことやりたいなーって思ってるだけでもいいと思うけどな。って思ったけど、30歳になって言えるのは、やりたいことをやりたいように出来るのって20代なのかもしれない。
退職でもすれば時間も持て余すだろうけど、そのときには家族がいるかもしれないし、体力は確実に衰える。知恵がつく代わりに何かに挑戦するということが怖くなるかもしれない。

だから、今のうちにやってみておくって大切だと思う。
24歳で始めて例えば30手前で挫折するなり、諦めつけるなりなんなりするとして。
それでもまだ30,
もっと言えば28歳まで、なんていう条件は正社員、公務員関係の雇用条件に多々あるので27歳くらいまでやってみればって思う。

3年やれば大体適正はわかる。
これやっても俺無理だわ。とか、
まぁ別にこれ一本で食べてはいけないだろうけど、これやっぱり好きだから続けるぜって思えば続ければいい。

とりあえず28歳の壁って就職に関して言えば30歳より高いと思う。

夢は見るものではなく叶えるものだ。
っていうのは、かなりハイレベルな話だけど、とりあえず夢があるならそれに向かって何かやってみるっていうのは大切、というか必須事項だと思われ。


ま、私は幻想の世界に生きる奇行種だけどね。

adiós!