事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

私も恐らくひどい親

親愛なる、ひどい親のみなさんへ。私は見ています。 | John Kinnear

何だろうか。私も我が子を産むまで、というか我が子に自我が目覚めるまでは。。
子供がかわいそう。
あんなに怒らなくても。
あんな親にはなりたくない。
スマホにこもりさせるとか。。
って色々思ってた。

今思えば、我が子が乳児と呼ばれる時期悩んだことは、乳腺炎と寝不足くらいだ。
生後半年だったから私の力だけで霞ヶ関まで行って離婚の手続きを踏めたのだ。
3歳半ばの今は絶対に出来ない。
子供連れて霞ヶ関。。考えただけで詰む。

1年前は私はもっと育児に悩んでいた。
周りは、今が一番大変なときだから〜
あらあら、そんなに怒ってかわいそうに

まぁ、チョコなんて食べるの!?

何で泣いてるの??

は。私が悪いんじゃないし。
って思ってた。
一方で、何で他のお母さんたちはあんなに余裕をもって子供と接することが出来るのか??

やっぱり私が悪いんだ悪いんだ。
いや、でもさ、うちの子言ってることおかしいんだけど。。

という負のループにはまる。

また育児スペシャリストに相談する。
全面的に子供の味方の答えが返ってくる。

お母さんも葛藤があるかもしれません。
でも、この頃の子供は伝えたいことをうまく伝えられない。
したいことがうまくできない。
そんな中で常に葛藤しているんです。

お母さんが笑顔で元気でいることが子供の1番の幸せです。。

え、じゃあさ、私をもう少し穏やかな気持ちにさせてくれませんか?
寝顔は天使とかどうでもいいんですけど。

でも。。そうか、子供の方が葛藤してるんだな。なるべく受け止めるようにしよう。
うん。受け止めてたら、私の時間は1日48時間あっても足りないわ。。

あー、私が効率悪くて、キャパも少なくて、包容力もないんだな。。

ってなってました。今もなるよ。

今は、私別に余裕ないし、
ヒステリックな母親だと周りに思われてもいいよ。
通報はしないでね。
別にネグレクトでも虐待でもないから。
くらいに思うようにしてる。

ママなんか大嫌い!どっかいって!
と言われたら考えようと思います。

今のところ、は?じゃあママどっか行くわ。って言ったら、
やだー。ママがいいの!!
って言うからまだ大丈夫かなとか。

それくらいの心構えじゃないと、病みます。

とりあえず育児が楽しいとか我が子が愛おしいっていう気持ちは今のところないです。

たまに可愛いなーと思うことや、
本能的に?守らなくては。
と思うくらい。

adiós