事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

陽性転移と恋愛は別ものである。?

精神科で陽性転移に苦しんでいるあなたへ - Yahoo!知恵袋

もっぱらこの何日か考えていることはこれだ。
陽性転移について。
私は自己暗示にかかりやすいので、気になった瞬間から好きという感情に至るまでが異常に速い。
光のスピードで。
好き嫌いがはっきりしてて、ふつうという範囲も少ない。普通=本当どうでもいい。のだ。

なのでなるべくなら主治医のことも考えなければいいのだけど、良くも悪くも知的好奇心が旺盛なので、この陽性転移っていう自分に起こるなんて思ってもいなかった事態を深く追究したくなる。
陽性転移を調べて、調べて。。
そういえばDr.倫太郎なんてドラマあったなぁとか。

まぁ、6年間の精神科通院歴で7割方処方箋を書いてもらう為だけに仕方なく行ってたくらいだし、偶然3割の中で暫定1位に輝いていて、私が仕事をクビになったりなんだりで暇だから擬似恋愛にちょっと足突っ込んだみたいな感じかな。。と。

元々彼氏に依存するタイプとかストーカー束縛気質な女の人はさておき。
恋愛には刺激を求めるタイプなので、
私の場合は
陽性転移≠恋愛だ。
私は相手に依存しないから。

という風に論理的に考えれば、そんなに好きじゃない人と吊り橋渡ったらドキドキを勘違いして相手を好きだと思ってしまった。
ストックホルム症候群のように、誘拐犯を好きになったしまったとかそういうレベルの話なのだ。

これ以上好きだの何だの言ってると本当に言霊パワーで理性が効かなくなっては困るのであまり言わないようにしようと思う。
たぶん言うけど。

ま、最悪私が転院すればいいだけの話。
そしたら患者と医者という関係性はとりあえず無くなる。

既婚者問題は後で考えるとして、障壁が一つ減ることで刺激要因も減るから落ち着くかもしれないし!

危険なメソッド [DVD]

危険なメソッド [DVD]

と言いながら危険なメソッドは好きな映画です。

30歳にもなると相手が既婚者か否か聞かなければならないということを日々周りに言われる常。

adiós!