事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

都営住宅落ちたの私だ!!、!

一昨日が抽選日で昨日の夕方HPで結果見れるようになるということで。

最近嫌なことが続いてたし、そろそろ運舞い込むんじゃない?って思ったら見事落選~

 

私は今の住んでいる区域に特に思い入れもなく、縁も由もないので、治安そこそこ、築年数古くても募集人数多めのところ狙ったんだけどな。

倍率見たらめっちゃ高かった!

他の地区より高いんじゃないかな?ってくらい。私の読みはずれた。というか、人並みでした。

今の家最初は良かったけど、ご近所付き合いとかで結構嫌なことがあって、愛着がわかず、大事に住んでなくて。すごい汚くなってる。

 

更新するなら、いらないもの捨てなきゃなーって思ってます。

こういうときに結婚願望とか出てくる自分嫌やな。

 

でも、挨拶した時口元は笑ってても目が笑ってないと言われたり、わが子のことは可愛い可愛いともはや自分たちの孫のように扱う割に、こんなに素直で元気に育ったのが奇跡だね、あなたのようなお母さんから。と言われたり。

 

挙げ句の果てに、精神衛生福祉士?の資格を持っててアンチ精神科医&精神薬だから、お薬手帳見せろとか言ってくる人の隣には住みたくないんですよ。

そして立場的に大家さんと賃借人なので、弱いじゃないですか?私の立場。

これ立派なパワハラだと思うのです!

 

でも見方を変えれば核家族化してて、特にうちなんて母1人子1人の実家遠方ワンオペ育児なんだからそんな(お節介な、世話焼きな、ありがた迷惑だけど!)方がお隣にいて有難いことだね、となる訳です。

 

うん、難しいね。

今日は日差しが強すぎて頭皮焼けが気になりすぎるのでめっちゃ適当に分け目変えて出勤だよ