事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

デパスとセルフケア

私の業務が、キャパオーバーしてることを上司が察知してくれたようで、というか明らかに私の態度に出ていたからだと思うのですが…

毎日30分程度、今日やることの優先順位や出来なさそうなことを他の人に振り分ける作業の時間を取ってくれるようになりました。

 

the!申し訳ない気持ちでいっぱい。

今日は必ず午前中に終わらせなくてはならない業務すら終わらなかったし。

お昼休憩をとる暇もなく、3分のコンビニに行く時間もなく、わーってなってたら、トマトジュース差し入れてくれました。

生き延びれた。

けど、今日はGABAチョコ食べてました。

効果なかった。

途中から涙がまた溢れてきて、とりあえずグループチャットのようなもので、すみませんが本日はこれから〇〇と〇〇と〇〇の業務に入りますので、処理できるものは各自対応お願いしますと協力を仰ぎ何とか自分の業務を30分残業して終わらせました。

 

途中に、フロア送別会的なものが入り、その後デスクの席替えが入り。。

最後の切り札に、ほぼお守り代わりとしてデスクに入れていたデパスを飲んで仕事してました。

眠くなるかな、って不安だったけど、それを遥かに超える焦燥感に襲われていたらしく、デパスで落ち着けました。

 

今セルフケアのデータ管理するプログラムを作ってる最中で、開発の方は白熱して話し合いしてるんだけど、なんか違うなって思いながら遠くで聞いています。

1日3食食べられることが普通の人が、そして夜も6時間くらいは何の問題もなく眠れる人が、そして軽い運動をしようと思えばできる人が、そして何の服薬もしなくて済む人が…

不安感や、焦燥感、強迫観念、希死念慮などそういった感覚が、想像や本やネットの情報からしか得ることが出来ない人が、セルフケアっていうものを話し合ってても何の正解も出て来ないんじゃないかなって思ったり。

 

そんな、話を遠くで聴きながら、違和感を感じつつこの頃は毎日過ごしています。

 

情緒不安定なのはそのせいかな?

 

来週はフラットに仕事が出来ますように。