事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

明日から仕切り直しのはず。

仕事を1週間休みました。

最初は娘の風邪から始まり、私の体調?心境?が悪くなりそのまま、会社への勤怠の連絡も子供の風邪が→私の具合が→心身ともに滅入っており…みたいな抽象的なものへと変化しました。

明日は営業のミーティングのあと

私の振り返り面談なんてあったり、

下手すると派遣元の人もやってきたり、

他の上司にランチに誘われたりと目まぐるしくなるのかな。

いらぬ想像はしないでおこう。

 

ただ疲れていたのは確かなようで、全く人に会いたいとも寂しいとも思わず

ぼんやりとお風呂に入ったり、娘と散歩したり、三食作るので夜以外は少しだけつまんで、夜はやっぱり過食嘔吐辞められないのですが

誕生日はしてないけど。

そんな生活を送ってたら、お薬を使うことなく何年かぶりに生理が来たり、便秘が治ったりしました。

 

1週間休んだことで

自分のキャパがわかったというか、社会不適合さを再度確認したというか。。

 

明日からは仕切り直し

仕事に行くつもりではいます。

昔から仕切り直しっていうのが苦手で1つダメだともうドミノ倒し状態に陥るところがあって、

高1の6月に喫煙で停学、自宅謹慎になったとき、私はそれまで母親に向かって暴言を吐いたりしたことはなかったのだけれど

辞めてやる

学校なんて行かない

を玄関で連発してその辺にある靴を投げまくって大暴れしました。、ビンタされまくったけど。

 

ただ学校で事情聴取的なものを受けて喫煙がバレて、担任に次いつ学校来れるかわからないから必要なものは持って帰りなさいと言われた。

 

ちょうど中間考査前で、点取り虫の私は、学校を辞めるつもりでも、もしテストを受けるのならそれなりの点を取って辞めてやると思った。

 

なんだかよくわからない反抗心だけど、

学年主任から家に送ってもらう車の中で、どうせ遊んでばっかりで成績も良くないんだろ?みたいなこと言われたし。なんか悔しかった。

 

無事に謹慎期間を終えて、テスト期間中も寝る間を惜しんで勉強して、それまでの私史上最高点を修めた。もう、これで悔いなく辞められるって思った。

 

さしたら、担任に呼ばれて、これからのはなしになったとき、私辞めますよ。学校。

っていったら、仕切り直し。

人は仕切り直しが出来るんだよと、教えてくれた。

ずっと挫けそうになったらその言葉を思い出していた。

母親が先生の言った仕切り直しという言葉に感銘を受けたのか

私によく使っていたけれど、母に言われても全く響かなかった、

 

何度も何度も何かあるたびに仕切り直しって思うのだけど、やっぱり1人だと挫折することがたくさんあって、あ、まただめだったか。って思うことが多い。

 

今は明日からの仕切り直しに絶賛震え中だし。

大体仕切り直すのに遅いなんてないわけないやん?

33で仕切り直すの?

 

仕切り直し<<<<無理

っていう脳内、どうにかしてほしい。

いや、私がどうにかしなきゃ。