事実は小説よりも奇なり。

Akane’s blog 備忘録

修羅場回想〜コリドー街のOL編

あ、私がコリドー街通るのは朝夕とランチ時だけなのでTVや雑誌で特集組んでるナンパの聖地みたいな光景は見たことないです。1年以上コリドー街近くのオフィスで仕事してるのに!見てみたいな。

 

職場の年下男子くんが彼女からコーヒーぶっかけられたんです!って話ししてきて、服終わりやねとか、イマドキの子〔もうこの表現する時点で私やばい感あるけど〕もそういう熱い恋愛するんやね、ドライなんかと思ってたーって話。

あるよねー、修羅場…

あるんですか⁉︎あるよ、てかあったよ。。過去形ね、なんて楽しく会話してたんやけど。

 

思い返せば初めての彼氏は、友達のメル友で初めて会うのについて行ったらなぜか私が付き合うことになって、でもある日彼氏の家に行ったら知らない女の子が寝てて、道端にいたから拾ってきたんだというさも捨て猫を拾って保護してるみたいな言い回しで浮気疑惑をあっさりと闇雲にされたり。

学生の時彼氏の部屋で留守番してたらあまりにも飲み会で酔い潰れた子が寝床を求めてやってきて遂には介抱しなきゃだし、酔いが覚め出すと襲いかかってくるし怖くて彼氏の友達の部屋に避難してすやすや寝てたら今度はその友達の彼女がやってきて当たり前に烈火のごとく怒り出し、その彼氏はグーで殴られ足で蹴られ、いやそんなにしなくても!って言ったら私で8人目の浮気やねん!って大声で叫ばれて…いえ私寝てただけだからカウントしなくて大丈夫🙆‍♀️とか言っても彼女には響かず。

電話番号聞かれて教えたらやっと解放されて、家帰ってシャワーして大学行ったな。

それから1日に10件ほど電話攻撃であいつがいないだの何してるん?だの、最後の方はなぜかお友達になった。

その時のほぼ登場しなかったし役立たなかったしこの話ししたら私を守るどころかとりあえずその彼女やばいから逃げた方がええで、って言って爆笑してたし。

その事件から数ヶ月でお別れして、半年くらい経った私の誕生日。大学の友達2人が私の小さなアパートでお菓子やらケーキやら持って誕生日祝ってくれてハピハピで雑魚寝してたのに、ドアをバンバン叩いて私の名前を連呼する奴がきた。

あーやばーって思ってとりあえず寝たふりして、みんな寝てるし良き!と思ったら次の日、昨日変な人来たよね?夢かな?みたいなこと友達が言い出して、あ、あれ?実話笑ごめん!って言って2人めっちゃ唖然としてたけど、とりあえず、うん!今年もクレイジーな幕開けになったね!よろしく!とか言って適当に流しちゃったけど事件って人の記憶に残るらしく10年以上たった今もその話題出るの面白い。

学生の頃って恋愛が割と生活の上位にくるし、思い出に色濃く残るよね。

 

修羅場なんて星の数ほどあるけど、マイルドでGoogleアドセンスのライセンスに引っかからないくらいで書いてみた!

 

f:id:realaipeepoo:20180616222404j:imagef:id:realaipeepoo:20180616222404j:image

てか、我が子の編み込み上手。

昼寝しても崩れない。